●プランナーの白石君によるワールドヒーローズパーフェクトの企画書です。
    使用のワードプロセッサは書院です。
   

  ●ゲーム・コンセプトです。
    企画の発端が前作のWH2 JETが抱え込んだ在庫ROMの処分である為、この時点ではどのくらい
    専用に描けるグラフィック容量が取れるか白紙の状態でした。
   

  ●ルールの変更案です。
    企画書の段階から程無く、販売バージョンのものに変更されました。
   
   

  ●ゲームの流れです。
    この時点では、まだNEO-DIOがラスボスと確定していませんでした。
   
   

  ●操作変更の説明ページです。
    ボタンの押した長さで技が変わる従来のWHでは、どうしても"もっさり感"が取れず、1ウェイト刻みの
    シビアな連続技を求めるプレイヤーのニーズに応えられないというのが変更の主旨です。
   
    このページにある『B+C』ですが、最終的には『A+B+C』の『エクストラアタック』になっていきました。
   
   

  ●主な変更点の洗い出しをまとめたページです。
   
   

  ●ステージの変更案のページです。
    在庫ROMのメインはキャラクター・グラフィックである為、これを描き直すことは出来ません。
    従って、見た目を大きく変えるには背景を変更する以外ありませんでした。
   
    にしても、近未来ステージの『飛んでくる新聞紙』って‥‥(w)。
   

  ●超必殺技(のちの『究極奥義』)を入れようという案のページです。
   

  ●改良案のページです。
   

  ●WHPの特徴のひとつである、ジャンプキャンセル(特定の攻撃をジャンプによってキャンセルする)の概念は
    既にこの時点で生まれていました。
   

  ●新キャラクターのアイディアのページです。
    こののち、幾度かの会議を経て、NEO-DIOと孫悟空の2キャラに決まります。
   
   

  ●WH2 JETからカットすべき部分の説明ページです。
    どういう経緯でアッパーダメージがJETで採用されたのか自分は知らないのですが、カットして正解だったと
    思っています。
   

  ●スコアの見直しと、別モードの廃止の提案ページです。
    モードが増えればデバッグ期間も当然増え、スケジュールと予算を圧迫します。
    既に『ワールドヒーローズ』は知名度があったので、デスマッチなどのような別モードを無理して用意する
    必要はなくなっていました。
   

  ●コンボ表示の提案ページです。
    ここに書かれているような内容にはなりませんでしたが、形を変えてコンボ表示は残ります。
   

  ●追加ROM容量別の新規グラフィック作成分の提示です。
    『ワールドヒーローズ』の『データディスク』の所にも書きましたが、『○○キャラ』とあるのは 16×16dotの
    サイズの四角がいくつ分かということです。
    例えば、10000キャラなら16×16dotの四角が10000個あるという感じです。
   
    在庫処分という絶対的な命題があったので言えませんでしたが、全キャラクターを新調したいと思っていた
    のは自分だけではなかったと思います。
   

   
 このページの先頭へ