●セールスポイントの欄に、ゲーム内容のみを書いた時点で敗北必至なのはわかっていました。
    この時、もう既にゲームシステムが売りとされていた時代は終了していたのです。
   
    なので、苦し紛れ的にですが各ゲーム誌で頂いた高評価についても、ここに記入しました(w)。
   
    販売予定数は会社から希望された本数が記入されていますが、セガさんから却下されました。
   
   

このページの先頭へ

   
  ●プロモーションの欄に記入された事項は、メーカーがそのゲームに対する『本気度』と
    受け取られ、生産枚数に直結します。
   
    会社が傾いていた時期に出た作品であるSS版ティンクルスタースプライツは、
    この欄にほとんど記入することが出来ませんでした。
    それがレア性の原因のひとつかもしれませんね。
   

  ●ティンクルスタースプライツ(SS版)で使用したセガサターンの定例商談会申込書(原紙)です。