●ティンクルスタースプライツのアーケード版オープニングデモの絵コンテです。
   

  ●松下君のやりたい演出を自分がフォローする形で担当プログラマーの久保田君に渡していました。
   

  ●絵コンテ2枚目のドラピーの演出も、プログラマーへ渡す際にはこのようなタイムシートにしています。
   スピード(SPD,ACLなど)の指示もあらかた決めていますが、曲のタイミングなどの兼ね合いから
   最終段階で微調整が入ります。
   

  ●女の子キャラに比べて男キャラはかなりおざなりです(w)。
   ちなみに『ロボット』とあるのはド・ケスベイの魔導ネコの事です。
   

  ●なんじゃもんじゃの動きは1匹1匹放物線を変えています。
   煙エフェクトは横長なのでNEO-GEOではあっという間にラインスプライト不足に陥ります。
   加えてスペック上の制限から来る処理落ち問題など、なんじゃもんじゃのカットはかなり苦戦しましたね。
   

  ●メモリー女王が食いしん坊キャラだとは、オープニングデモからは想像もつきませんね。
   

  ●ロードランとスプライツの関係性を見せるカットです。
   

  ●やっぱり男キャラはおざなりです。メヴィウス親衛隊に至っては目さえ描いてもらえてません(笑)。
   

  ●おちまい。
   

このページの先頭へ