●ニンジャコンバットの企画書に付けられていた資料です。
    各ステージに登場する敵キャラクターのデザイン画がメインとなっています。
   
   

  ●プレイヤーキャラクターとしても使えるようになる(企画書上では『子分』)ムサシのデザイン画です。
   
   

  ●1面のボスキャラクター、鉄球忍者イタイゾーのデザイン画です。
   
   
   

  ●2面の解説ページです。
    後に『逆襲のくノ一軍団』というタイトルが付くだけに、くノ一に拘ったキャラクターが揃えられています。
   
   
   

  ●プレイヤーキャラクターとしても使えるようになるカゲロウのデザイン画です。
    なぜ左手に剣を持っているのかは謎です。
   
   
   

  ●2面のボスキャラクター、鳥人くノ一 ビビリンビーのデザイン画です。
   
   
   

  ●3面の解説ページです。
   
   

  ●プレイヤーキャラクターとしても使えるようになるゲンブのデザイン画です。
    このキャラクターは原型を留めていない程、デザイン変更されました。
   
   

  ●3面のボスキャラクター、重機動忍者ガンデムのデザイン画です。
   
   

  ●4面の解説ページです。
    後に『潜入!ニンジャタワー』というタイトルが付くステージで、敵のアジトに入っていく展開となります。
    それだけに、この辺りから敵の攻撃の理不尽さは格段に跳ね上がります。
   
   

  ●中ボスのデザイン画です。
   
   
   

  ●4面のボスキャラクター、おかめ男爵のデザイン画です。
    この時点では、まだICBMを持っていませんでした。
   
    おかめ男爵の攻略法ですが、一発ダメージを与えたら、間髪入れずにラインの奥か手前に逃げるという
    一撃離脱の戦法を心掛けて下さい。長期戦必須なので覚悟しておくように(w)。
   
   

  ●5面の解説ページですが、特にこのステージ用のキャラクターデザイン画は用意されていません。
   
   

  ●6面の解説ページです。
   
   

  ●中ボス用として用意されたデザイン画です。
   
   
   


  ●6面のボスキャラクター、幻妖斎のデザイン画です。
    この後、だいぶリデザインされることになります。
   
   
  


  ●キャラクターセレクト画面のイメージ画で、丸山さんが直接コピックで塗られた1品モノです。
    『めぞん一刻』の音無響子っぽいキャラクターがいますが、これは現代の企画書でも他のゲーム画面を
    参考資料として付けることは ままあるので、ツッコミを入れるのは野暮というものです(w)。
   
   
 

   
 このページの先頭へ