●プランナーの丸山さんによるニンジャコンバットの企画書です。
    『ゲルニカ』というのは『ギャングウォーズ』の原題で、この作品はその続編として企画されました。
   
   

  ●主人公のイメージ画です。まぁ、忍者と言えば忍者なのですが‥‥。
   
   

  ●ストーリーです。
    『黄金のNINJAマスク』って何でしょうね? ドスカラス選手のマスクでしょうか。
   
   
   

  ●ループデモのフローです。
   
   
   

  ●ゲーム全体の大まかなフローです。
   
   
   

  ●ゲーム本編の流れです。
    本チャンとは全然違いますが、この流れはニンジャコマンドーで日の目を見ることになります。
   
   
   

  ●ステージ構成です。
   
   

  ●画面構成です。
   
   

  ●全体MAP構成です。
   
   

  ●操作方法です。
   
   

  ●操作方法の追加分です。
   
   
   

  ●敵キャラクターのLIFE設定です。
   
   

  ●敵のやられパターンです。腹部ダメージの絵が土下座に見えるのはご愛嬌。
   
   

  ●アイテム案です。まだこの時点ではコーラは有りませんでした。
   
   

  ●ゲームの特長 (ウリ)をまとめたページです。
    『子分にできる忍者』のアイディアは、セガさんの『ゲイングランド』の影響です。
   
   
   


  ●主人公キャラクターと子分キャラクターとの違いをまとめたページです。
    100メガショック以前の時代なので、容量的な問題から様々な制約を設けなる必要がありました。
    子分キャラクターが敵のアイテム(武器)を持てなくしているのは その一環です。
   
   
  


  ●主人公キャラクターのアクションパターン表1です。
   
   
 


  ●主人公キャラクターのアクションパターン表2です。
   
   
    


  ●ラインの割り当ての指示書となります。
   
    ラインとは、1画面に表示出来る走査線1ライン分の容量のラインバッファのことで、NEOGEOは96でした。
    スクロール面(スクロールは1面あたり17)を含めて、96個水平に並ぶと表示されなくなるので、
    画面構成する上でとても重要な設計図なのです。
   
   


 このページの先頭へ