●痛快GANGAN行進曲のパンフレット(表)です。
    企画段階では、『マイティ・ハーツ』というタイトルでしたが、上司の丸山さんが『マイティ』の
    響きが何となく弱そうという事で改題される事になりました。
    で、『熱血行進曲』が提案されたのですが、既に似たタイトルがテクノスさんから出ていたので、
    熱血を差し替える事になりました。で、何かを考えてくれという事で『ガンガン』を提案しました。
    だだ、カタカナで書くと雑誌みたいなのでローマ字になり、最終的に頭に痛快が付けられました。

    徹底的に尖ったアナーキーなゲームがコンセプトですが、これに至った経緯は、
    スト2ブームがどういう顛末をむかえるのかの予測が2つ立った事に端を発します。
    予測1:スト2タイプに特化し、プレイヤーが保守化する。
    予測2:バーチャファイターのような尖った対戦格闘が他のメーカーからもヒット作が出て
        プレイヤーが細分化していく。
    いずれにしても対戦格闘はこの先も残っていくだろうという事で、保守本流の層はワーヒー、
    そして細分化していった層はGANGANがターゲットとしていこうという感じで。
    まあ、結局プレイヤーは前者を選んでしまった為、ワーヒー程の成果は残せませんでしたが、
    結果ほど悪いゲームでは無いと思います。格闘ゲームとしてではなく、プロレスゲームと思えば
    結構楽しめますよ。