●電波新聞社より1993年8月31日に発行された『ALL ABOUT 対戦格闘ゲーム』です。
   
   巻頭より、下記の順番で紹介されています。
   『ストリートファイターⅡダッシュターボ』(CAPCOM)
   『ワールドヒーローズ2』(ADK)
   『餓狼伝説2』(SNK)
   ここまでがカラー、以下モノクロでの紹介となります。
   『ファイターズヒストリー』(データイースト)
   『マーシャルチャンピオン』(コナミ)
   『ナックルヘッズ』(ナムコ)
   『餓狼伝説』(SNK)
   『ワールドヒーローズ』(ADK)
   『龍虎の拳』(SNK)

   価格は税込みで1480円とやや高めですが、その分、中身は濃厚です。
   
  
 このページの先頭へ
  
   
  
  ●本に入っていたハガキです。
    『どちらともいえぬ』という項目が電波新聞社っぽいですね。
   
  
  ●『ワールドヒーローズ2』の開発者代表としてプランナーの澤渡君のインタビューが載っています。
   
   身長の対比表はキャラデザの藤田君によるものです。
   当初、アニメ会社(JCスタッフ社)に動画を発注し、それをスキャンしてX68000上の作業を軽減しようとしていました。
   その為、各キャラクターの設定はしっかり作られました。
   が、この計画はうまくいかず(使えないレベルの動画が上がってきた為)、500万円をドブに捨てた形となりました。