UP-DATE:2019.02.10(Sun.)

  ●1992年の新入社員用に用意されたゲームデザイン研修テキストです。
    この年は大量に新人を採用した為、このようなものを作らざるを得なかったという事情があります。
   
   

  ●研修期間は約2ヶ月間でした。
    この間に『キャラクターメーカー』という、会社で使っていたオリジナルのグラフィックツールの使い方まで学びます。
   
   

  ●4月の予定です。
   
   

  ●5月の予定です。
   
   

  ●企画書の表紙ページとなります。
   
   

  ●プレイ人数やジャンルといった、ゲームの概要のページとなります。
   
   

  ●操作方法のページとなります。
   
   

  ●ゲーム内容のページとなります。
   
   

  ●ストーリー設定のページとなります。
   
   

  ●主人公のデザインのページです。
    2枠が用意されている事で、会社が2人同時にプレイが可能なゲームを求めていると察する事が出来れば
    ポイントが高いです(w)。
   
   

  ●主人公のアクションポーズを描くページです。
   
   

  ●パワーアップに関するページです。
   
   

  ●敵キャラクターに関するページです。
   
   

  ●画面レイアウトのページとなります。

    FIXとは、ライン・スプライト以外に表示させられる8×8dot単位のグラフィックで、多くの場合、スコアや体力メーター等に
    使われていました。
    優先順位(プライオリティ)が最も高く、チラつく事が無いので、『ラギ』では画面の切り替えパターンにも使っています。
   
   

  ●ゲームの流れのページとなります。
   
   

  ●ゲームの"売り"をまとめるページです。
    本来の企画書ではもっと手前に持って来るのがセオリーなのですが、ある意味、一番難しい部分となるので、
    研修では敢えてこの位置に持って来たものと思われます。
   
   

  ●その他の特記事項をまとめるページです。
   
   

  ●研修日誌のページとなります。
   
   
 このページの先頭へ